夏場の花の取扱いについてSERVICE

すでにお手元にお花がある方へ

お部屋が暑く私たちが汗をかく時期は
お花にも大きな負担がかかります。
要は、傷みやすく枯れるのが速いので、
大切なお花ほど気をつけなければなりません。

以下の方は特にお早めに
お問い合わせください

保存加工のご相談は基本的にお花をもらってから2日以内が目安です。
お花の鮮度があってこそ、美しいプリザーブド加工ができますので、以下の方は特にお早めにお問い合わせください。

★明日仕事で相談するなら今日しかないかた
★旅行先で花束をもらったので手元に花瓶がないかた
★花束がとても豪華で大きいので花瓶に花を漬けるのが難しいかた
★遠方に住んでおり静岡の店舗に持ち込みができないかた

~夏場のお花の扱いについて~

①エアコンの効いた涼しいお部屋に保管してください。この時、風が直接当たらないようお気をつけ下さい。
②花びらが潰れないよう、花束を寝かさずに、何かに立てて保管して下さい。
③直射日光が当たらないようにしましょう。
④花瓶やバケツの水につける場合、こまめに冷たい新しい水に交換して下さい。

夏場の保存加工は、花束をもらってから2日以内のご相談が目安です。日数経過したお花はお預かり出来ないことがありますので、お早めにご相談ください。