WithGreen
SUSTAINABLE PLAN

サラダボウルで、
持続可能な未来をつくる。

WithGreen(ウィズグリーン)は2016年の創業以来、
「サステナビリティ=持続可能な未来を作る」ことを、大切にしてきました。
創業当初から、日本の生産者と取り組み、
地域社会を大切にしながら国産野菜の使用を継続してきています。
忙しく食生活が乱れやすい現代において野菜不足を解消し、気軽に健康を
支える場所になりたいと都市圏を中心に出店も進めてきました。
創業から5年が経ち、それだけではなく、環境問題、日本の農業や
フードロスをはじめとした課題と向き合い、長く続く未来を作り、
子供たちやその先の時代までバトンを繋いでいきたいと思い、2021年に
『ウィズグリーン・サステナブルプラン』を発表しました。


WithGreen の考えるSDGs

WithGreen の事業活動を通して、社会問題を解決し、より良い未来をつくる。
私たちは、ベンチャー企業ですが、同時にソーシャルアントレプレナー(社会企業家)でもありたいと考えています。
私たちが掲げる『ウィズグリーン・サステナブルプラン』は、国連サミットにおいて採択された、2030 年までに地球規模で解決すべき17 の目標と169のターゲットである「Sustainable Development GOALS(持続可能な開発目標)」をベースに作成しています。特にその中でも、「食」の事業に携わる私たちが取り組むべき課題として、まずは5 年後の2026 年を目標に、「お客様・生産者・環境」の3つに分けて掲げています。


01お客様への貢献We are What We Eat
カラダは食べたものでできている

人生100 年時代。人の寿命は伸び、どれだけ健康でいられるかは今後ますます重要になってきました。しかしながら、日本の外食は炭水化物中心で、油が多くカロリーの高いものが増え、肥満や生活習慣病になる人が急激に増えてきています。それに伴い、社会保障費も増加しており、今後の日本の大きな課題となっています。
野菜には、大切な体を守るために必要なビタミン・ミネラルが豊富に含まれています。そこで、野菜や果物を1 日あたり350g 食べることが推奨されています。けれども日本人の平均は270g。目標よりなんと20%以上も少ないのです。世代別に見ると、若い世代ほど野菜の摂取量が少なくなっている状況があります。野菜をとることは腸内環境の健康を作り、肥満を減らし、将来的に健康寿命を伸ばすことに繋がります。サラダボウルを通して、健康的なライススタイルを支えていきたいと考えています。

私たちの2026年の目標

年間100万食以上のサラダボウルの提供

WithGreen の主力商品であるサラダボウルを届けることそのものが、お客様の健康をつくり、国内の生産者を支え、日本の未来を作ることに繋がると信じています。そのために、関東だけではなく、日本中の都市圏に店舗を展開し、気軽にサラダを食べられるエリアを増やしていきます。
<具体的な取組み>
・2021年は年間40万食だったサラダボウルを、2026年には年間100万食以上に拡大する

年間100万食以上のサラダボウルの提供

WithGreen の主力商品であるサラダボウルを届けることそのものが、お客様の健康をつくり、国内の生産者を支え、日本の未来を作ることに繋がると信じています。そのために、関東だけではなく、日本中の都市圏に店舗を展開し、気軽にサラダを食べられるエリアを増やしていきます。
<具体的な取組み>
・2021年は年間40万食だったサラダボウルを、2026年には年間100万食以上に拡大する

年間100万食以上のサラダボウルの提供

WithGreen の主力商品であるサラダボウルを届けることそのものが、お客様の健康をつくり、国内の生産者を支え、日本の未来を作ることに繋がると信じています。そのために、関東だけではなく、日本中の都市圏に店舗を展開し、気軽にサラダを食べられるエリアを増やしていきます。
<具体的な取組み>
・2021年は年間40万食だったサラダボウルを、2026年には年間100万食以上に拡大する

01お客様への貢献We are What We Eat
カラダは食べたものでできている

人生100 年時代。人の寿命は伸び、どれだけ健康でいられるかは今後ますます重要になってきました。しかしながら、日本の外食は炭水化物中心で、油が多くカロリーの高いものが増え、肥満や生活習慣病になる人が急激に増えてきています。それに伴い、社会保障費も増加しており、今後の日本の大きな課題となっています。
野菜には、大切な体を守るために必要なビタミン・ミネラルが豊富に含まれています。そこで、野菜や果物を1 日あたり350g 食べることが推奨されています。けれども日本人の平均は270g。目標よりなんと20%以上も少ないのです。世代別に見ると、若い世代ほど野菜の摂取量が少なくなっている状況があります。野菜をとることは腸内環境の健康を作り、肥満を減らし、将来的に健康寿命を伸ばすことに繋がります。サラダボウルを通して、健康的なライススタイルを支えていきたいと考えています。

私たちの2026年の目標

年間100万食以上のサラダボウルの提供

WithGreen の主力商品であるサラダボウルを届けることそのものが、お客様の健康をつくり、国内の生産者を支え、日本の未来を作ることに繋がると信じています。そのために、関東だけではなく、日本中の都市圏に店舗を展開し、気軽にサラダを食べられるエリアを増やしていきます。
<具体的な取組み>
・2021年は年間40万食だったサラダボウルを、2026年には年間100万食以上に拡大する

年間100万食以上のサラダボウルの提供

WithGreen の主力商品であるサラダボウルを届けることそのものが、お客様の健康をつくり、国内の生産者を支え、日本の未来を作ることに繋がると信じています。そのために、関東だけではなく、日本中の都市圏に店舗を展開し、気軽にサラダを食べられるエリアを増やしていきます。
<具体的な取組み>
・2021年は年間40万食だったサラダボウルを、2026年には年間100万食以上に拡大する

年間100万食以上のサラダボウルの提供

WithGreen の主力商品であるサラダボウルを届けることそのものが、お客様の健康をつくり、国内の生産者を支え、日本の未来を作ることに繋がると信じています。そのために、関東だけではなく、日本中の都市圏に店舗を展開し、気軽にサラダを食べられるエリアを増やしていきます。
<具体的な取組み>
・2021年は年間40万食だったサラダボウルを、2026年には年間100万食以上に拡大する

01お客様への貢献We are What We Eat
カラダは食べたものでできている

人生100 年時代。人の寿命は伸び、どれだけ健康でいられるかは今後ますます重要になってきました。しかしながら、日本の外食は炭水化物中心で、油が多くカロリーの高いものが増え、肥満や生活習慣病になる人が急激に増えてきています。それに伴い、社会保障費も増加しており、今後の日本の大きな課題となっています。
野菜には、大切な体を守るために必要なビタミン・ミネラルが豊富に含まれています。そこで、野菜や果物を1 日あたり350g 食べることが推奨されています。けれども日本人の平均は270g。目標よりなんと20%以上も少ないのです。世代別に見ると、若い世代ほど野菜の摂取量が少なくなっている状況があります。野菜をとることは腸内環境の健康を作り、肥満を減らし、将来的に健康寿命を伸ばすことに繋がります。サラダボウルを通して、健康的なライススタイルを支えていきたいと考えています。

私たちの2026年の目標

年間100万食以上のサラダボウルの提供

WithGreen の主力商品であるサラダボウルを届けることそのものが、お客様の健康をつくり、国内の生産者を支え、日本の未来を作ることに繋がると信じています。そのために、関東だけではなく、日本中の都市圏に店舗を展開し、気軽にサラダを食べられるエリアを増やしていきます。
<具体的な取組み>
・2021年は年間40万食だったサラダボウルを、2026年には年間100万食以上に拡大する

年間100万食以上のサラダボウルの提供

WithGreen の主力商品であるサラダボウルを届けることそのものが、お客様の健康をつくり、国内の生産者を支え、日本の未来を作ることに繋がると信じています。そのために、関東だけではなく、日本中の都市圏に店舗を展開し、気軽にサラダを食べられるエリアを増やしていきます。
<具体的な取組み>
・2021年は年間40万食だったサラダボウルを、2026年には年間100万食以上に拡大する

年間100万食以上のサラダボウルの提供

WithGreen の主力商品であるサラダボウルを届けることそのものが、お客様の健康をつくり、国内の生産者を支え、日本の未来を作ることに繋がると信じています。そのために、関東だけではなく、日本中の都市圏に店舗を展開し、気軽にサラダを食べられるエリアを増やしていきます。
<具体的な取組み>
・2021年は年間40万食だったサラダボウルを、2026年には年間100万食以上に拡大する

今回の宣言を発表するにあたり、まだ私たちも取り組み始めたばかりで、できていないこともあります。
ですが、小さくても自分たちができることから一歩を踏み出して、お客様、生産者、パートナーを含め、
一緒に取り組める仲間を少しずつ増やしていきたいと思います。
ウィズグリーンのサラダを食べることが、持続可能な未来に繋がることを目指して。

WithGreen 創業者 武文智洋 / 武文謙太