店舗へ花束お持ち込みのお客様へ 

2021年11月25日

こんにちは!
保存加工ならアミティエ の
オーナー 小田賀子です。
 

大切な方から特別な日に贈られた花束を
いまお手元にお持ちの皆さま、
きっと素敵な想い出ができたことと思います!

本当におめでとうございます。


さて今日は、そんな大切な花束を
プリザーブド加工するご検討中のお客様に
知っておいて頂きたいことをブログに
書きたいと思います。
 
当店にお申込み頂くには、
静岡の店舗にご来店頂くか、
もしくはご自宅から花束を配送で
出して頂くかのどちらかになります。
 
静岡県内のお客様でしたら、ほとんどの方が
お持ち込みされますが、
近隣の愛知県、山梨県、神奈川県などのお客様も
ご自身の手で持ち込みたいと、お車で
お越し頂くこともよくあります。
 

画像のような花束のままで、お花が元気に
いられるのは、冬場でも2日くらいでしょう。
 
それ以上日数が経過してしまう場合は、
花束のリボンや包装紙を外して
お花を水につけないと弱ってしまいます。
 
花束を手にしてから、ご来店のお持ち込みを
されるまでに2日以上経ってしまう場合には
お花の鮮度を保つために、お水につけるように
してくださいね。


 
美しく良いプリザーブド加工をするには
お花の鮮度が命です。
 
お持ち込みの理想のタイミングは
花束をもらった当日もしくは翌日。
 
それ以降のお預かりも可能ですが
仕上がりの品質に影響が出る可能性が高くなります。

 
お花の状態に合ったアドバイスをさせて頂きますので
まずは、LINE相談から、LINE連絡をして頂き、
花束のお写真をお見せくださいませ。
 

なお、店舗にお持ち込みでのご相談は
所要時間約40分くらいとなります。
ぜひご予約いただき、落ち着いたお席で
ゆっくりとご相談ください。
 
お問合せ、お待ちしております。