お花をもらったら気をつけたい3つのポイント

2021年6月26日

こんにちは!
オーナーの小田賀子です。

アミティエ では毎日、全国の女性の皆さまから
『プロポーズされました!お花を残したいです!』
のご連絡をいただいています。

プロポーズのときの花束って、
感動もひとしお、嬉しさは格別ですよね。

その分、普段もらうことのないサイズだったり、
生まれて初めての豪華な花束だったりして
どうやって扱ったらいいのかわからない、というのも
正直なところではないでしょうか。

ここのところ暑くなり
お花にとって大変なシーズンになりましたので、
改めて保管する上でのポイントを
皆さまにお伝えさせて頂きたいと思います。

もらったまま包装もとかず、テーブルの上に
寝かせっぱなしなんてことありませんか?

水の心配もしつつ、でもなんか包装を解くのは
大変な感じがするし、朝から仕事だしで手付かず。。。
こんな状況のお客様がとても多いなぁと感じます。

そこで、
お花をもらったらこのような3つのことを
気をつけてみてください。

①花束は寝かさず、立てて保管します
 重みで花びらが潰れてしまうのを防ぎます

②エアコンや外の風が直接当たらないようにします
 傷みを進ませてしまうのを防ぎます

③日が当たらない、暑くなりづらい場所で
 保管してください

この3つのポイントならすぐにできそうですよね!

まずはこれらに気をつけて頂き
では、どうやって花束を解いたらいいかとか、
花束が大きすぎて花瓶がないとか、
仕事が忙しくて花の面倒が見れないなどの

お客様ごとの個別のお悩みは
お気軽にお店にご連絡ください!
 
サイト内にあるLINEからは
お時間問わずご相談がスムーズです。

またお電話でしたらご説明が
よりわかりやすいかもしれません。

お花の鮮度は暑い時期は保つのが大変です。
感動の思い出のつまった大切なお花、
できる限り長持ちさせたいですよね!
 
お花が傷んでからはやれることがあまり
ありません。お花が元気なうちにご相談ください。
 
 
 
 
アミティエ オーナー
小田賀子