東京オリンピックメダリストさんのビクトリーブーケからのご注文!  

2021年8月4日

“オリンピックのメダリストが受け取った
記念の花束を、保存加工して欲しい” と、
 
神奈川県鎌倉市のお客様より
アミティエ にお電話がありました!
 
一瞬、
『どういうことだ⁈』とびっくりしましたが
とても光栄なご依頼に、喜んでお引き受けさせて
頂きました。
 

今、毎日のように東京オリンピックが報道される
中、テレビの画面に映る、マスコット付の花束。
 
ひまわりと🌻トルコキキョウで作られたブーケは
夏の青空に映える鮮やかで爽やかなデザインです。
 
そのメダリストは、
ノルウェー人のヘルマン トマスゴールさんという方で
セーリングの男子レーザ級で出場されたかた。
 
見事銅メダルを獲得し、
その時に受けとったビクトリーブーケ💐を
“どうしても枯らしたくない”
“ずっと残しておきたい” と
 
選手のご友人である日本人女性から
ご相談をいただいた経緯です!


 
暑い毎日ですし、
お花となると、半日単位でどんどん
鮮度が失われてしまいます。
 
このままでは枯れてしまうと思われたお客様は
このブーケを
プリザーブド保存することを思いつかれました。
 

 
アミティエでは毎日のように
全国から大勢のお客様の大切なお花が
持ち込まれますが、
 
オリンピックメダリストさんの受賞の花束を
扱わせていただくのは初めてでした!
 
 
 

まずは至急、お花をお預かりさせて頂き
即日、保存加工の工程に入ります。
 
人生をかけて臨まれた晴れ舞台オリンピック。
そこで手にされたメダリストしかもらえない
オンリーワンの花束。
 
 
 
ずっとその感動をそばに置いていただけるよう
アミティエ で大切に扱い、
プリザーブドフラワーに変身させます。
 
貴重な機会をお任せ頂きましたお客様、
本当にありがとうございました。
 
ご納品まで2ヶ月かかりますが、
最後までよろしくお願い致します!

 
 
アミティエ オーナー
小田賀子