バラ以外の品種も保存加工できます!

2021年10月17日


アミティエには毎日のように
全国の皆様から、プロポーズや結婚式のブライダルブーケなど大切なお花の加工のご相談があります。
 
鮮度が必要な加工なので
お花が元気なうちにまずはご連絡くださいね!


さて、多くの質問の中から
今日は、”どんな品種でも加工できますか?”
にご回答したいと思います。


プリザーブドフラワーは専用の特殊溶液で
加工する製法なのですが、やはり、その液体の
向き不向きがあります。


ですから、”どんな品種でも”というわけでは
ありませんが、実はアミティエではほとんどの
品種のお花を加工することができます。
 

例えば、


トルコキキョウ


ひまわり


この星形の赤いのは、グロリオサ


ピンクのこちらは、ユリ

 

皆さん、特別な日に贈られた花束なので、
どんな品種であっても、残したい枯らしたくないと
思いますよね!
 
1番は、
品種による出来るか出来ないかより、
《お花の鮮度が良いか》という点が、
美しいプリザーブドフラワーを仕上げるための
最大のポイントになります。
 

 
 
バラ以外のお花についても
アミティエ では積極的にご相談にのらせて
頂いていますので、まずはお早めにご連絡ください。
 

 
秋冬の涼しい時期でも、花束を贈られてから
2日以内のお問い合わせを
おすすめしております。