プロポーズ前の男性からの加工計画ご相談!

2022年1月10日

北海道在住、プロポーズ計画の男性より
お電話にてご相談がありました!
 
お話しを伺ってみると、
○ 108本の花束でプロポーズしたいこと
○舞浜で(○ぃズニーランド)にて
 プロポーズを計画していること
○成功したらその花束を残したいこと
 
の構想があるようでした。
女性が聞いたら、誰もが羨むような
素敵なご計画。
 
 
しかし、プロポーズを1ヶ月後に控えて
まだまだわからないことと
判別できないことがあるのも事実でした。
 

この男性がまだ決めかねていて
よくわからないと思っていることは、 
  

☆ 実際に当日届く花束のサイズ感
☆そもそもプリザーブドフラワーと
 ドライフラワーはどう違うのか
☆プロポーズを終えたら、花束をどうやって
 提出したら良いのか
☆プロポーズ翌日にもデートを楽しむには
 花束保存の段取りはどうしたら良いのか
☆108本の花束を丸ごと加工すると
 いくらくらいの費用がかかるのか
☆プロポーズを終えたら、どうやって花束を
 なるべく傷ませずに加工にまわせるか
☆北海道在住、プロポーズは千葉、任せるのは
 静岡であるアミティエ、という環境に 
 不便やリスクはないのか
 
 
 
などなど、
初回のお電話でのご相談、
約15分くらいでしたが、
 
まずは、わからないことや、気づいていらっしゃら
ない点を洗い出しして、
検討事項を揃えた、というお電話になりました。
 

プロポーズの計画、と一言でいっても
そのカップルさんにより、
どんなプロポーズにしたいのか、
どんなことに感動する彼女さんなのか、
がまず違います。 
 

そして、
やはり皆さまがわからないでいるのが
プロポーズで使ったその花束を
どこでどんなふうに送れば
うまく加工してもらえるのか、という点かと思います。

多くのお客様が
プロポーズを終えたその日から
『このお花を枯らしたくない、残したい!』と
思われて、プロポーズの数日あとにアミティエに
ご相談いただくことが多いのですが、
 
今回のご相談男性のように、
プロポーズ前からトータルでお考えになれると、
このような大きな利点があるのではないでしょうか。
 

  1. 花の鮮度が1番良い状態で加工に回せる 
     
  2. 全てを計画に含んだ状態でプロポーズするので
     当日に迷ったり探したりしなくて良い
     
  3. 花束を送付する専用のダンボールや伝票なども
     先に入手できるので、お客様のご面倒がない
     
  4. 事前に費用の目安ももてるので
     プロポーズ全体の予算が組める
  5. 花束を残せる手配までしていたことに彼女様が
     予想以上に喜び感動が2倍
     
  6. アミティエがお客様のご計画のサポートを
     させて頂くので何事もスムーズ
     
  7. 事前に全体像を掴めるので安心して
     プロポーズデートに集中できる

いかがでしたでしょうか。

今回のご相談男性は、初回のお電話相談を経て
一旦ご自身で計画を整理され、
また今週にでもお電話くださる事になりました。
 
具体的に、そのカップルさんのプロポーズデートの
場所やスケジュールに合わせて、
アミティエが、お客様のご面倒な部分や
手が回らないところを
サポートさせて頂きます!

花束プロポーズをお考えの男性の皆さま、
プロポーズ成功後にその花束を保存されるなら
ぜひ、事前にご相談されることをお勧めします。
 

きっと、わからないことが解消され
ご計画が、グッと具体的になるはずです。
 

ダンボールのお手配、
ホテルとの連携、
レストランへのサプライズ相談、
伝票のご用意、
配送の仕方、
 
全てをわかりやすく事前にご案内できます。
プロポーズの2週間前までにご相談頂くと
お客様のご不便やお手間が全て解消できます。
 
 
 
 
アミティエ 
オーナー 小田賀子