遠距離恋愛K様の、計画と行動力の感動プロポーズ

2022年7月22日

長野県⇄ 神奈川県にお住まいの、
K様遠距離恋愛カップル様。
 
プロポーズ前に、何度かLINEでお打ち合わせし
プロポーズが成功した暁には
その花束をアミティエ で保存したいと
事前に男性のK様からご指名頂いていました!

お仕事をしながら綿密な計画をしたり、
ホテルリサーチ、花束の手配など
諸々の予約をすることは、女性の想像を遥かに超えるくらい、男性には大変なこと。
 
K様の事前相談のご様子から一番伝わってきたのは、
プロポーズへの慎重性というよりは
相手女性への配慮と、
プロポーズを大事な節目と捉えていらっしゃる、
ということでした。
 
自分の行うプロポーズをうまくやりたいという意識の
男性も多い中、K様は冷静で謙虚で
かつ、彼女様のことを尊重している雰囲気が
なぜか、LINE相談でも伝わってきていたのが
何とも印象的。

ご予約の内容としては、
『プロポーズが成功したら、改めて連絡します。
でも花束は残したいので、本店来店の予約だけは
入れておいても良いですか?』 というものでした。
 
デザインや、種類などの内容は
彼女さんと相談しながら、彼女さんのご意向も
取り入れたいから、予約だけはしておきたい、
というご予約。
 
そんな誠実できちんとした意志と計画性のお有りの
K様は、無事にご旅行先でプロポーズを成功!
お2人の時間を過ごさせたあとに、深夜1時頃、
アミティエ のLINEに、
『無事成功しました‼︎』 とご連絡を頂いていました。
 
その翌日、ご旅行先であった長野県軽井沢から、
お車でノンストップ4時間強かけて
静岡市のアミティエ 本店にお2人でご来店。
 
成功ほやほやの、眩しいくらいの素敵な花束は、
赤いバラ108本の豪華な花束でした。

大学生時代から交際を重ねてこられ、
最初は鳥取県で一緒に近くで時間を共にしてきた
お2人ですが、年月が経つにつれ環境の変化もあり、
近年は、神奈川県と長野県という遠距離で
愛を育まれてきました。
 
プロポーズにあたり、
K様は、長野県軽井沢の、とっておきのホテルをご用意。
 
お2人の軽井沢でのご旅行先で
108本の花束プロポーズが行われました。
 
お会いしたお2人は、お互いへの信頼と尊重が
共通の雰囲気で、優しさの中にも芯があり、
絶対にますます素敵なご夫婦として
もっともっと幸せになっていかれる予感が致しました!
 
お2人のご意見一致の中、
アミティエ で108本の花束をまるごと
お預かりさせて頂けることに。
 
これは私たちにとって、もはや花束ではなく、
お二人の絆と思い出そのものをお預かりさせて頂いた覚悟です。

眺めるたびに、遠距離恋愛のときの想いを思い出し、プロポーズ記念日の楽しい記憶を思いおこすような、
そんな幸せのシンボルとして
お二人のお花をプリザーブド加工させて頂きたいと思います。

K様、大切なお二人の花束を全てお任せ頂いたことに
心から感謝申しあげます。
ご納品までは3ヶ月ほどかかりますが、
丁寧にスタッフ全員で取り組んでまいります。
 
この度は本当に
おめでとうございました。
事前相談から、当日の片道4時間のご来店、
心から感謝しております。
 
これからもお付き合いよろしくお願い致します。
ブログにご掲載させて頂き
本当にありがとうございました!

アミティエ
オーナーデザイナー 小田賀子