「未分類」カテゴリーアーカイブ

花束の店舗持ち込みについて

花束を思いかげないタイミングでもらったら
すごく嬉しくて感動した! の、次に
『この花束枯らしたくないな』という気持ちが
湧いてくるものです。
 
特に夏場は、半日単位でお花の様子が変わるから
『このまま置いておいたら枯れちゃう』と
心配になりますよね。

そんな大切なお花を、プリザーブドフラワーに
保存加工するとき、お花のご提出方法は
2つからお選び頂けます。
 
それは、
☆店舗持ち込み
☆ダンボールでのご配送   です。
  

実は、静岡近隣のエリアのお客様だけでなく、
愛知、山梨、神奈川、大阪、三重、東京、千葉、栃木
などのご遠方からも
 
お車で何時間もかけて花束を店舗に持ち込むことの
いくつかの魅力を見てみましょう!



【花束の店舗持ち込みのメリット】

1 直接説明が聞けてわかりやすい
 
2 実際のサンプルを見れる
 
3 加工に使わない花は持ち帰れる
 
4 受付、作業する人と対面できる安心感
 
5 完成時の納品は、配送も来店も選べる

6 花の状態を判別してもらえる

7 加工できる品種と出来ない品種を判別してもらえる
 
8 加工に使わない花の保管の仕方などの
 アドバイスが親切
 
9 入籍や、両家顔合わせなどついても
 情報やアドバイスがもらえる
 
 
 
などなど!
書いていたら、こーんなにもあることに
改めて気付きました!
 

どうしても残したい花束、
彼氏からもらって感動した花束、
枯れたらさみしい思い入れのある花束、
 
そんな大切なお花を手にしたら
まずは一度お気軽にご連絡ください。
 
また、
可能であれば、ぜひぜひ静岡の店舗へお持ち込み
ください! 受付のお時間帯や曜日は
なるべくお客様のご都合に合わせさせて頂きます。
 
 
 
 
アミティエ オーナー
小田賀子

108本のバラの手配をする男性について

毎週アミティエには、108本のバラについての
お問い合わせが何件もあります。

それは静岡だけでなく、
愛知、山梨、神奈川の近郊エリアや、
栃木、愛媛、兵庫などの全国の男性から、
 
プロポーズの108本のバラに関する
ご相談です。
 
 

私たちが日常生活を送っている上では、
“108本のバラ”に出会うことは、まずありません。
 
この特別な数は、
『結婚してください』を伝える、
プロポーズを意味する本数だからです。
 
もし、108本のバラをもらったことのある奥様や
これからプロポーズでそのような豪華な花束を
受け取る女性がいましたら、
 
皆さんが予想している何倍もの、
男性の気持ちや思い入れ、覚悟や勇気が
そこに込められていることをお伝えしたいなと思って
今日はブログを書いています。
 


 
お問い合わせしてくださる男性の皆さんは
一人で調べ、お店を決め、どんなふうに手元に手配
してもらうかなど、悩むことがたくさんです。

また、実際、
注文したはいいけれど、花束って実際
どんなものが届くのか当日までわからないから
男性たちは不安なんですよね。


 
アミティエ では、
108本のプロポーズバラの保存加工を
得意としています。

皆さんの感動や思い出をお預かりした気持ちで
大切に扱わせて頂いています。
 
そんな潔く覚悟を決めた男性たちが贈られる108本の
バラ。ぜひ、受け取った女性の皆さんは
その愛情や意気込みを、感謝として伝えて差し上げて
くださいね!
 


 
 
 
暑い夏。
どうしても残したい、枯らしたくない花束は
アミティエ にプリザーブドフラワー加工の
ご相談をお早めに。

花束を受け取ってから、2日以内のご相談を
推奨しております。
 
お花の鮮度が、仕上がりの美しさを決めます!
  

 
アミティエ オーナー  小田賀子

夢あふれるプロポーズのバラ


プロポーズは一生に一度の思い出

その瞬間は、結婚を誓った2人にとって始まりの時でもあります。


プロポーズをしようと心に決めて、
言葉を考えて、
場所を考えて、
プレゼントするものを考える

そこにはきっと男性の覚悟や思いが溢れていることでしょう。


プロポーズされた女性にとって、プロポーズそのことも嬉しいですし、彼がたくさん考えてくれた事自体も嬉しいですよね!


だからこそ、感動の瞬間に立ち会ったそのお花を残したいと思われると思います。大事なお花が枯れていくのを見ていくのは切ないのが女心。


アミティエでは、プロポーズされたプリンセスな女性たちに、そんな切なさを感じさせません。

何故なら、プロポーズのお花を保存する技術があるからです。


プリザーブドフラワーへの保存加工は、
花束のすべてを美しく残すことができます。


お花が元気なうちに&鮮度のいいうちなら、加工にお申込みいただけます。
夏場で暑いので、できるだけ早くお問い合わせされることをおすすめします!


額のタイプもあり、
ドームのタイプもあり、
残し方は選べるのも楽しいところ。


そこにはお2人のお名前や記念日などの刻印もできるので、お2人だけのオリジナル品として仕上がります。


プロポーズに使われた実際のお花をアレンジしたものは、世界に1つだけのオンリーワンアイテム。
ぜひ、ご来店・ご相談ください。





スタッフ

お花をもらったら気をつけたい3つのポイント

こんにちは!
オーナーの小田賀子です。

アミティエ では毎日、全国の女性の皆さまから
『プロポーズされました!お花を残したいです!』
のご連絡をいただいています。

プロポーズのときの花束って、
感動もひとしお、嬉しさは格別ですよね。

その分、普段もらうことのないサイズだったり、
生まれて初めての豪華な花束だったりして
どうやって扱ったらいいのかわからない、というのも
正直なところではないでしょうか。

ここのところ暑くなり
お花にとって大変なシーズンになりましたので、
改めて保管する上でのポイントを
皆さまにお伝えさせて頂きたいと思います。

もらったまま包装もとかず、テーブルの上に
寝かせっぱなしなんてことありませんか?

水の心配もしつつ、でもなんか包装を解くのは
大変な感じがするし、朝から仕事だしで手付かず。。。
こんな状況のお客様がとても多いなぁと感じます。

そこで、
お花をもらったらこのような3つのことを
気をつけてみてください。

①花束は寝かさず、立てて保管します
 重みで花びらが潰れてしまうのを防ぎます

②エアコンや外の風が直接当たらないようにします
 傷みを進ませてしまうのを防ぎます

③日が当たらない、暑くなりづらい場所で
 保管してください

この3つのポイントならすぐにできそうですよね!

まずはこれらに気をつけて頂き
では、どうやって花束を解いたらいいかとか、
花束が大きすぎて花瓶がないとか、
仕事が忙しくて花の面倒が見れないなどの

お客様ごとの個別のお悩みは
お気軽にお店にご連絡ください!
 
サイト内にあるLINEからは
お時間問わずご相談がスムーズです。

またお電話でしたらご説明が
よりわかりやすいかもしれません。

お花の鮮度は暑い時期は保つのが大変です。
感動の思い出のつまった大切なお花、
できる限り長持ちさせたいですよね!
 
お花が傷んでからはやれることがあまり
ありません。お花が元気なうちにご相談ください。
 
 
 
 
アミティエ オーナー
小田賀子

夜間のお問い合わせについて

お仕事が終わってからのお問合せや、
旅行の帰り、
夜のプロポーズのあとなど、

花束を手にしたのが夜!ということが
よくあるかと思います。

そんな時、
“こんな時間に対応無理だよな”
“夜じゃ連絡つかないだろうな”
とお思いになるかもしれませんが、

アミティエでは、なるべくお客様のご都合で
タイムリーに連絡がつくような体制を
とっております!

夜間18時以降については、
まず連絡つきやすいのが、
【LINE相談】。
オーナーが、どこにいようとも、
保存加工のお客様にだけはいつでも
迅速にご連絡できるよう努めています。

また、
よりタイムリーに、わかりやすいのが
お電話です。
0542881187
こちらは、店舗にスタッフが不在の際には
オーナーに直接転送されるようになっています。

お電話ですと出ることができない時もありますが
お客様に合ったご提案を、わかりやすく
させて頂けますので、ぜひご連絡ください。

花束が生モノですので、
営業時間に関わらずタイムリーに対応させて頂く
ことに努めております。

どうぞお気軽にご連絡ください。

花束にとっては、数時間の経過は劣化に繋がります。
鮮度のいいうちにご検討いただけるよう
タイムリーにご相談に乗らせて頂きます!

人気デザインはハート型!

お花を残したい、と思う一方で、
“一体私のお花がどんな風に残るんだろう”と気になり、少し不安に思うのも正直なところですよね!

今日は、こんな風なデザインができますよ、という中でも、ハート型の完成品をご紹介したいと思います。

そもそも、保存加工とはどんなことかと言いますと、お客様の大切な生花の花束をお預かりし、特殊な加工液でプリザーブドフラワーへと変身させます。

質感としては、極めて生花に近く、弾力があるような柔らかさです。

加工後その仕上がったお客様のお花を、こんなふうにハート型にして額に納めることができるんですね。

ただ、お花のサイズによってハートのサイズが異なり、かわいくて立体的なハートを作るにはある程度広い面積の額を使わせて頂きたいと思います。

バラや、カーネーションが向いています。

とてもキュートですが、特別な技術と経験をもった職人しか出来ませんので、混み合っているときは少しお時間がかかります、ご承知おきください^ ^

お客様の大切な思い出と感動を、ハート型にして残しませんか。

お客様のお花のサイズによってご料金も異なりますが、おおよそ8万円〜20万円ほどかと思われます。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

お花をもらったらすぐに注意すること

こんにちは!
ブログのご訪問ありがとうございます。

お花をもらうのって、予期せぬタイミングでいきなり!ってことが少なくないですよね^ ^

サプライズで贈られると、すごく嬉しくて感動する一方で、”こんなに豪華なお花、どうやって扱えばいいかな”
と思うのも事実かと思います。

そんな、お花をもらったときに気をつけるポイントについて5つお伝えしたいと思います!


加工するかしないかは検討するとして、気に留めて頂きたいのは、なるべくお花を痛ませないことです。
なるべく鮮度を保つにはどうしたらいいのかを、今から5つ挙げてみます。

1  直射日光を浴びさせないこと

2 花束を寝かさずに、立てて保管すること

3 エアコンや外の風に直接当てないこと

4 屋内のなるべく涼しいところに保管すること

5 花瓶の水を1日2回程度、新鮮で冷たいものを交換すること

です。

まずお手元でやれることにトライして頂き、お花の鮮度を保てるように工夫してみましょう!

お客様初めまして!

当サイトにご訪問頂きましてありがとうございます。アミティエ のオーナー、小田賀子と申します。

どうぞよろしくお願い致します🌸

プリザーブドフラワーの専門店、実店舗が静岡市にあります。

このサイトは、花束の保存加工を専門にした情報提供やサービスを掲載しています!

実際どんな方からのご相談が多いかと言いますと、

○プロポーズで花束をもらったかた
○披露宴で旦那様からサプライズの花束をもらったかた
○定年退職でご家族から花束をもらったかた
○卒業式で彼氏から花束をもらったかた

などなどです。

そうです、基本的には”花束をプレゼントしてもらったかた”からのお問い合わせがほとんどで、

しかも、【大切な人から特別な日にもらった花束】であることがほとんどです。

そんな嬉しい感動的なタイミングに関わらせて頂くことに毎日感謝しながら、同時に責任感をしっかり感じながら応対させて頂いております。

皆さまのお一人お一人のお問い合わせに、お客様ごとに合ったご提案をしておりますので、安心してご相談ください。

どうぞよろしくお願い致します🌸